子育て応援事典

健康な子ども


 育児のための環境づくり

 身体も心も健康な子どもを産み、良い子に育てたいという願いは、すべての親のものです。けれども、ただそう願っているだけでは、うまくいきません。健康な子を産み、育てていくためには、それなりの条件があり、努力が要ります。

 条件が整った、整備された環境の中に生まれてくる子どもは、望ましい成長をすることが出来ます。しかし、環境を作ることは優しい事ではありません。それは、なかなか到達することの出来ない理想のようなものと考えてもよいでしょう。

 しかし、とても無理だと言って努力をやめてしまってはいけないのです。出来るだけ理想に近い環境を用意するぢ力を続けなければなりません。

 “子は授かりもの”でしょうか?
 
 昔は“子は授かりもの”という言葉のように、結婚をすれば、夫婦の意志とは関係なく、自然に子どもは生まれてくるものと考えられていました。

 子どもを育てる環境の整備は、子どもが生まれてから考えるという人が多かったようです。それでもたいていの場合は、子どもは大過なく育っていました。

 けれども、昔と今では家庭をめぐる社会のあり様が非常に変わりました。しかも、その変わり方はかなり早いものになっています。

 たとえば、人口は都市に集中しています。夫婦と子どもで出来ている家族が大半です。一つの家族当たりの子どもの数が、どんどん減りました。隣近所や地域社会と家庭の結びつきも弱まっています。

 このような時代に、“子は授かりもの”といったのんびりした態度で、子どもが生まれたからと言って漫然と育てていたのでは、取り返しの付かないことになりかねません。 しかも、現代は計画出産の時代です。子どもは自然に生まれるものではなくなりつつあります。

 子どもの出生には、夫婦の意志が反映される時代になったのです。今のところ、男女の生み分けは、親の意志ではどうにもなりませんが、子どもをいつ産むか、何人産むかは、親の意志でコントロールできるわけです。

 育児の関する情報を有効に利用する

 このことは、育児のための環境を整える余裕が出来たという事でもあります。良い子を産み、育てる環境条件が満たされたら、あるいは満たされる見通しがついたら、子どもを産むことが出来るのです。

 このような考え方は、自然の摂理に背くもの、神を恐れぬものという人もいるかもしれません。しかし、計画出産がここまで普及した時代では、子どもを産む時期だけはなく、子どもを育てる環境の整備も、計画的になされるべきです。

 子を産み、育てるために望ましい条件とはどういうものなのか、その条件を満たしていくためには、どのような努力が大切なのかを考えてみましょう。

 現代は情報化時代です。育児に関する情報を有効に利用しなければ、現代人として失格です。
 

  サイトマップ
家庭の役割
友だちと子ども
子どもの反抗
運動機能の発達
乳児の栄養
幼児食
しつけの基本
排泄のしつけ
食事のしつけ
着衣・脱衣・清潔
才能の開発
子どもと遊び
心を育てる遊び
からだをつくる遊び
おもちゃ・遊具
家庭での教育
健康管理
幼稚園と保育所
子どもの病気
 
育 児
 
教 育
 
 プロフィール
 
 リンクについて
子育て
1
23
美容・健康
1 
2 3 4 5 6 7 8 9 
生活・暮らし
 2 3 4
 5 6 7 8  9 10 11 12 13 14  15 16 


病気・症状Navi
みぢかな病気
健康 長生き

ピックアップサイト


 
 親の責任は子どもを”大過なく守る”ということではなくそのエネルギーを”最大限に発揮させる“ということであろうと思います。ここでは妊娠中から就学前まで子どもの発育のなりゆきを扱っています。この時期の子育てを終えてだいぶ経ちますが、むかしの子育てが現代の子育てに役立てばと思い、むかしの経験のまま記しています。参考になるものがありましたら応用して実践してみてください。
 
〔リンク〕
健康Life 症状でわかる病気 ・ 病気と症状 病気を知る ・ ダイエットを考える 食べるダイエット ・ 知っておこう みぢかの病気 ・ ミユのネット通販 みんなでHappy!! ・ 知っておこう 暮らしのマナー ・ 本日の健康予報 ・ 身近な病気の知識 ・ 私たちのからだと健康  子育て応援事典  病気・症状Navi  2020東京オリンピック・パラリンピック  健康 長生き  家庭用脱毛器:ケノン  ワキ脱毛:ケノン  マキアレイベル:薬用クリアエステヴェール  薬用クリアエステヴェール美容液ファンデ、マキアレイベル  アルカディ元気な青汁  青汁効果:元気な青汁  青汁ざんまい;元気な青汁  がんばれ!! 子育て!!  

簡単ホームページ作成Quick Homepage Maker


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved