赤ちゃん 栄養

赤ちゃんの栄養;混合栄養の与え方
Top > 赤ちゃんの栄養 > 混合栄養の与え方

赤ちゃん 混合栄養



● 母乳と調乳を同時に与える

 母乳を与える期間を出来るだけ長くしたい時は、授乳の度に、母乳と調乳を一緒に与える。生後1〜2ヶ月頃までの赤ちゃんでは、母乳を5〜10分間ほど飲ませてから、調乳を飲ませる。

 母乳を15分以上も飲ませていると、赤ちゃんが疲れて調乳を飲まなくなるので、授乳時間に気をつけること。生後3〜4ヶ月になって、母乳はよく飲むが、調乳を嫌がる赤ちゃんの場合は、調乳を先に飲ませる。たし乳を空腹のうちに飲ませ、後で母乳を補う。

 母乳と調乳を別の時間に与える

 母親が勤めに出ている場合や、授乳回数を1回抜けば母乳がたまる場合には、1回ごとに、どちらか一方だけを飲ませる。この方法では、だんだん母乳の出方が悪くなる。1日に3回以上は、母乳を飲ませるように努力してほしい。

 勤めに出ている場合には、出勤前に1回、帰宅後に2回という回数は、実行したいもの。昼間に溜まった乳は搾って捨てるようにしないと、母乳の出方が悪くなり、乳腺炎の原因ともなる。

 ミルク嫌いにしないために

 赤ちゃんは、生後2〜3ヶ月頃から味覚が発達してくる。母乳だけで育ってきた赤ちゃんを、この時期に混合栄養に切り替えようとすると、調乳を嫌がって飲まないことがある。

 このような場合、無理に飲ませようとすると、ミルク嫌いになって赤ちゃんの発育に影響してくる。栄養を心配して無理に飲ませず、医師の指示にまかせたほうがよい。

  哺乳瓶の乳首の穴は小さめに

 哺乳瓶の乳首は、母乳より乳の出が良いので、混合栄養にすると、母乳を飲みたがらない赤ちゃんもいる。こんな場合には、乳首の穴が小さめのものを選ぶ。

 哺乳瓶のに慣れていない時は

 赤ちゃんの喉が渇いている時を見はからって、果汁や番茶など、赤ちゃんの好きなものを与えてみる。

 1日のうち1回だけ母乳の前にミルクを飲ませてみる。嫌がるときは中止して、母乳を含ませる。同じことを、翌日また繰り返し、4〜5日で慣れるようにする。

 離乳を早めるのは間違い

 母乳不足を補うために離乳を早めることは、消化力のない3ヶ月以前の赤ちゃんには進められない。
 
子育てママの化粧品

 離乳初期の生後5〜6ヶ月の赤ちゃんも、まだ離乳食から栄養をとれないので、乳の代わりにはならない。

 母乳をやめるとき

 混合栄養を人工栄養に変えるとき

 どうしても哺乳瓶や、調乳を嫌がるときは、医師の指示により、母乳をやめて人工栄養に切り替える。母乳が1日1回だったり、出ない物をしゃぶらせているだけになったら人工栄養にしたほうがよい。

 母乳をやめなければならないとき

 次の妊娠が分かったとき。
 母親が腸チフス、結核などの伝染病にかかったとき。
 乳腺炎、かっけなどの場合には、医師の指示によって、授乳を続けることもできる。

 母乳の止め方(断乳)

 急に授乳を中止するときは、水分をなるべく取らないようにして、乳房をさらしで巻き、上から冷やす。医師に相談して乳の止まる薬を用いてもよい。

子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved