赤ちゃん 人工栄養

赤ちゃんの栄養;人工栄養;調乳器具
Top > 赤ちゃんの栄養 > 調乳器具

人工栄養 調乳器具



 調乳器具のそろえ方

 人工栄養には、乳首、哺乳ビンを初めいろいろな調乳用の器具が必要となる。調乳に使う器具は、他の物と兼用せず、いつも清潔にして、決まった場所に置くようにしたい。

● これだけは用意したいもの

@
 哺乳ビンと乳首
 ビンは最低2本。乳首は3個用意する。

A 蒸し器か大なべ
 消毒に使う。

B 
乳首入れ
 蓋がきちんと閉まり、煮沸消毒できるもの。

C ビンブラシ
 ビンの底まで洗えるように毛が下のほうまでついたもの。哺乳ビン用ブラシは、大小2本あり、小さい方は哺乳乳首用に使う。

D
 箸
 消毒済みのビンや乳首をとりだす。菓子ばさみでもよい。塗箸はさける。

E 計量さじ
 粉乳や穀粉用には、製品についたものを使う。砂糖用の小さじには大きさが一定していないので、薬局で正確に計算してもらう。

F すり切り用ナイフ
 粉乳や添加物を匙で量るときのすりきりに使う。背が真っすぐの物で、煮沸消毒ができるものを選ぶ。

G 計量カップ
 調乳は、哺乳ビンの目盛りで間に合うが、果汁やスープをスプーンで飲ませるときは、量をはかるのに必要。

H ミルクなべ
 牛乳栄養の場合に必要。粉乳でも、穀粉を解いたりするときに使う。内側に目盛りがあり、からのとき倒れにくいものを選ぶ。離乳食用にも使える。

● あれば便利な調乳器具

@
 哺乳ビン消毒器
 哺乳ビンが5〜6本立つようになった蒸し器。中央に乳首入れを置ける。

A 乳首入れ
 消毒器の中に入れてビンといっしょに乳首の消毒ができるようになったもの。

B ホコリよけフード
 乳首の上にかぶせる。調乳をさますとき、外出の時に使うと乳首が清潔に保てる。
 
子育てママの化粧品


C ビンばさみ
 消毒済みの哺乳ビンや乳首を扱うもの。
 
D ビン立て
 洗ったビンを立てて水をきるときに使う。

E ミルクろうと
 鍋で調乳した乳を哺乳びんに移すとき使う。底が網になっていて、溶けなかった粉乳や穀粉をこす事ができる。網を外し粉乳を入れるときにも使う。

F 泡だて器
 調乳を混ぜる。

G 計量さじ
 大、中、小3種のさじがセットになったもの。

H フードボックス
 消毒した哺乳ビンなどを入れておく。離乳期には、食器入れに利用できる。

子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved