赤ちゃん 健康管理

赤ちゃんの部屋;赤ちゃんの健康管理
Top > 育児−2 > 赤ちゃんの部屋

赤ちゃん 部屋


● 赤ちゃんの健康管理
  赤ちゃんの部屋
  赤ちゃんの四季
  日光浴・外気浴
  赤ちゃんの主治医
  赤ちゃんの医者へのかかり方
  予防接種の知識
  予防接種の種類と時期

● 部屋の温度は冬でも10度以下にならないように

 新生児の間は18〜25度くらい、以後は15〜18度くらいに保てれば理想的である。日本家屋の場合は部屋を暖めにくいが、少なくとも10度以下には下げないこと。

 赤ちゃんには、なるべく日当たりのよい部屋を与える。

 冬の保温には、特に注意する。新生児や未熟児の場合は、保温が赤ちゃんを健康に育てる第一条件である。カーテンを2重にして、すきま風が入らないような工夫をする。

 部屋を閉め切って保温をすると、温度は保てても、部屋の空気が汚れやすい。換気に気を配りたい。

● 部屋の湿度にも絶えず注意する

@
 部屋の湿度は、50〜60%が適当である。冬は湿度が低いため、暖房をする場合は必ず湯気を立てる。特に新生児は、湿度が高いのには平気な割に、湿度が低いのは苦手で風邪をひきやすい。

B 赤ちゃんの部屋には、乾湿球のついた寒暖計(湿度計)をそなえたい。健康な赤ちゃんで、体重が5`cを超えた場合は環境に順応する力も芽生えてくる。この体重になったら、温度や湿度にあまりこだわらなくてよい。

● 赤ちゃんの部屋には無用な人を近づけない

 見舞い客もなるべく近づけないほうがよい。特に子供は近づけない事。風邪をうつされたり、他のばい菌の感染を受ける心配がある。
 
 母親が風邪ぎみの時は、マスクをかける。それでも風邪の予防は難しく、赤ちゃんにうつすことが多い。風邪がうつると、肺炎や気管支炎になることがある。この場合は、すぐ小児科医の診察を受けること。

● ほこりを吸わせないように
 
 畳の上は、ほこりをかぶりやすく、冬は寒く夏は暑い。赤ちゃんには専用のベッドをそなえたい。

 部屋の掃除は、ほこりが舞い上がらないように、ぞうきんで拭きとる方法がいちばんよい。電気掃除機でもよいが、ほうきやはたきの使用はさける。
 
子育てママの化粧品

● 事故の防止に気をつける

@
 小さい兄姉がいたずらしたり、赤ちゃんの上に転んだりすることのないように目を離さないこと。

A 運動機能の発達する乳児期後半は、特に危険防止に注意する。電気のスイッチ、コンセント、ガス栓などには触らせないように。階段から落ちたり、小さい物を飲みこんでしまう事故も多くなる。不用意に、ハサミ、ナイフ、針などをその辺りに置かないこと。

子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved