子供 家庭教育

家庭での教育;教育の基本
Top > 家庭での教育

子供 音楽教育


家庭での教育
 
● 家庭教育の実際
※ 音楽教育
● 家庭で出来る音楽教育
● 子供の音楽性の芽生え
※ テレビと生活
● テレビの見かたの変化
● テレビの悪い影響
※ 安全教育
● 安全教育の実際
● 水の事故と安全教育
● 交通事故と安全教育
● 4,5歳児の安全教育
※ 言葉
● 生活と遊びと言葉
● 2歳までの言葉
● 2歳からの言葉
● 子供の質問
● 言葉遊び
 絵本
● 2歳〜3歳児の絵本
● 4歳〜6歳児の絵本
 子供の絵・製作
● 2歳児の絵
● 3歳児の絵
● 4歳児の絵
● 5歳児の絵
● 子供の製作
● ねんど遊びのすすめ
● “作り”“遊び”壊す“
 金銭教育
● お金の役割
● 金銭教育の教え方
● お小遣い、ご褒美
● 金銭教育の問題
● 金銭教育は慎重に

● 文字の指導
● 言葉の遅れ
● 赤ちゃん言葉
● どもり
 教育の基本

 人類は、集団で生活する生物です。現在では、“社会”とよばれる集団を作って生活しています。しかも、その社会には男も女も、年寄りも子供も、性別や年齢とかかわりなく、すべての人が入っているのです。

 子供を“社会化”させるのが教育の基本目標

 子供が成長し、社会の正式な一員になるためには、この社会に通用する行動のしかたを身につけなければなりません。この過程は「社会化」と呼ばれています。教育の基本的な目標は、子供を“社会化させる”ことです。

● 先祖の残した知識や知恵や文化遺産の伝承も

 さらに、社会には先祖たちが残した遺産がたくさんあります。先祖たちの生活の知恵や、苦心して得た知識や、苦労して作り上げた作品など、いわゆる文化的な遺産を受け継ぐことも、教育の基本的な目標に付け加えられています。


 学校の教育、家庭の教育

 原始的な社会では、家庭が教育の中心でした。社会の組織も単純で、文化的遺産も多くないので、家庭で社会化を行なえばそれで十分だったのです。

● 社会が複雑になり、学校教育が必要となった


 しだいに社会が複雑になり、大人としての行動に高度の技術的なものが必要とされるようになると、家庭での社会化だけでは十分でなくなってきました。つまり、家庭教育で社会化の基礎を学習しただけでは、一人前の社会人として通用しない時代になったのです。
 
子育てママの化粧品

 そこで、教育を専門に行なう場所ができました。それが学校や幼稚園です。それまで家庭が行なってきた教育の一部を、社会で受け持とうというのです。

 社会が進歩し、複雑になったので、教育したなければならない内容が増えたのです。家庭教育だけでは間に合わなくなったので、体系的に組織的に教育を行なう機関をつくったわけです。

● 学校教育は三つの目的を持っている

 学校教育の目的は、次の三つにまとめることが出来るといわれています。

@ 基礎的な知識や技術を身につける
A 集団生活に必要な態度や技術やルールを身につける
B 一生涯たえず勉強していくような態度や学習方法を身につける

 学校や幼稚園ではこのような目的を実現していくために、カリキュラムが組まれ、組織的・体系的に教育が行なわれています。幼稚園は暇つぶしに行くところ、遊びに行くところと考えている親を、ときどき見かけますが、幼稚園も一つの教育のための機関であることを忘れないでほしいものです。

● しかし、社会化の基礎教育は家庭の守備範囲

 さて、学校や幼稚園がこれだけのことをやってくれるなら、家庭は別にすることはないのではないかとお考えになるかもしれません。そんなことはありません。いくら社会が複雑になっても、原始的な社会だったころと同じように、社会化の基礎は家庭で行なわれています。

 赤ちゃんは、お母さんが話しかけてくれる言葉や、まわりの大人たちの会話を耳で聞きながら、言葉をしゃべり、理解できるようになっていきます。お母さんがあやしてくれたり、抱きしめてくれるので、ほほえんだり笑ったり、表情が豊かになっていきます。

 お母さんが辛抱強く、繰り返し訓練してくれるので、おむつが不要になるのです。何回も失敗を繰り返しながら、お母さんに手伝ってもらいながら、一人で食事ができるようになるのです。

● 学校教育と家庭教育を車の両輪として…


 人間らしい行動のしかたの基礎は、家庭で行なわれる「しつけ」を通して身についていくのです。家庭である程度まで社会化が出来ていないと、幼稚園や学校の教育を受けることも出来ません。家庭教育は学校教育の基礎をつくることでもあります。

 この二つの教育は車の両輪のようなもので、両方が望ましい形で行なわれて、始めて社会に通用する人間に成長することが出来るのです。
 
子育てママの化粧品

● 家庭は社会の圧力から子供をまもる役目もある

 家庭教育の目的は社会化であるといいましたが、社会化を急ぎ過ぎてはいけません。家庭は、社会からの社会化の圧力が直接子供に働きかけるのを防ぎ、子供を守る役割も持っています。年齢や能力に応じた躾をしなければならないということです。

 子供の年齢や能力を無視した社会化のための躾は、効果がないばかりでなく、子供の情緒を不安定にさせ、性格をゆがめてしまいます。
 



Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved