育児 離乳食 幼児食

幼児食;離乳食から幼児食へ
Top > 幼児食

幼児食 5歳

● 発育に応じた食事
● 幼児食品の選び方
● 食事の雰囲気のくふう
● おやつ
● お弁当
● 子供の太り過ぎ
● 乳児の太り過ぎ
● 太り過ぎの影響



 6歳までは慎重に

 5,6ヶ月頃から始まった離乳食は、順調に進むとお誕生の頃には一応完了します。

 しかし、離乳が終わったからといって、すぐにでも大人と同じ食事を与えていいかというと、決してそういうわけにはいきません。

 子供が大人と同じ食品を、同じ調理方法で食べられるようになるには、5〜6年はかかります。消化吸収能力が、5,6歳になってやっと一人前になるからです。

 また、食事を一人で食べられるようになるのは、3歳過ぎからですし、歯が生えそろって、よく噛んで食べられるようになるのも、3歳過ぎてからです。

 こられの発達段階を考えますと、幼児期の食事内容は体の発達にしたがって、一つ一つ段階を踏みながら、慎重に進めていかなければならないことが分かるでしょう。

● 離乳が終わっても安心してはいけない

 離乳食は、1さじずつ慎重に食べさせていたのに、お誕生を迎える頃から、お母さん方はホッとしてしまって、いきなり大人の食事の仲間入りをさせてしまい、そのため失敗する例がよくあります。

 たとえば、お母さんが自分の皿の中から、箸でつまんで、子供の口に入れてあげることは珍しくないことでしょう。子供は、離乳食と同じ方法で食べますから、消化吸収能力がその食べ物むきでないと、胃腸を壊してしまいます。

 こんなことをきっかけに、離乳食に逆もどりしてしまったり、1〜2歳頃におこりがちな、偏食や食欲不振の原因をつくることにもなります。

 離乳食から幼児食へ移行する時期には、食品の選び方、調理法、さらには与え方にいたるまで、離乳食と同じような細かい配慮が必要なのです。

● 幼児期の食習慣が生涯の食生活の基礎になる

 幼児期の食事は、大人になってからの食事の量、嗜好を決める大切な時期です。また、この時期の栄養の良し悪しは、発育に大きな影響を及ぼすことはいうまでもないことです。

 学齢に達するまでの食生活の経験は、人間の一生の食べ物に対する関心を左右するとも言われており、その意味でも大切な時期です。
 
子育てママの化粧品

 したがって、食事そのものだけでなく、食事の躾や食卓の雰囲気作りには、とくに慎重であってほしいものです。

 そのために、どんな食品を、そんな調理法で、どのくらい食べたかを記録した食事歴を、成長のアルバムと一緒に取っておけば、後々の参考になると思います。

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved