子供 親 心構え

子供を持つ親の心構え;安定した夫婦関係
Top > 親の心構え > 安定した夫婦関係

夫婦関係 子はかすがい



 子供を産み育てていくためには、夫婦関係が安定していることが第一条件です。そして、夫婦の間に愛情があり、二人の共同生活が、今後長く続くことが予想されなければなりません。子供が生まれた後で夫婦関係が壊れ、別居や離婚ということでもなれば、生まれた子供がかわいそうです。

 もちろん、母親一人でも、あるいは父親一人でも、子供を立派に育てられることもあるでしょう。しかし、子供は、出来るだけ整った環境で育ったほうが幸せです。

 子を“かすがい”に使わない
 
 ”子はかすがい”ということわざがあります。子供がいるために、壊れそうな夫婦関係も壊れずに済むということも確かにあります。けれども、子供が生まれれば、不安定な夫婦の安定するかもしれない、という気持ちで子供を産んだのでは、生まれた子供こそいい迷惑です。

 極端な言い方をすれば、夫婦それぞれが離婚しないで、長期間一緒に暮らしていける見通しがついたら、子供を産んでもよいといえます。

 恋愛結婚にしろ、見合い結婚にしろ、新婚早々は、お互いに性格や考え方を十分に理解しているわけではありません。恋愛結婚の場合は、十分に理解しあったと信じている人が多いのですが、恋愛と結婚はずいぶん違います。

 恋愛には生活は無関係ですが、結婚は生活を共にするわけです。一つの屋根の下で一緒に暮らす生活が何年か続いて、はじめてお互いの本当の姿が分かってくるのが普通です。

 人によって理解しあえるまでの期間は、少しずつ違っていますが、長くかかっても3年一緒に暮していればだいたいのことはわかります。

● 妥協と忍耐と寛容が必要

 ときには夫婦のいさかいも起きます。お互いの欠点や短所が目に付き、嫌だなあと思う事があります。けれどもお互いに我慢をし、愛情を長続きさせる努力を惜しんではいけません。異なった環境に育った二人が一緒に住んでいくのですから、妥協と忍耐と寛容の心がどうしても必要になります。

 実際にはマイナスの点だけではなく、長所やいいところもある訳ですから、差し引きしてプラスになれば、別れるとか離婚をするということなしに、なんとか一緒に暮らしていけるという見通しが持てるのです。

 妥協と忍耐と寛容の心は、ある程度年をとらないと身につきません。若くして親になることは、子供の立場からみると、危険が多いことなのです。

● 夫婦の精神的関係が子どもに反映する

 さて、離婚をしないでやっていけそうだという見通し、あるいは自信を持っていれば、夫婦は精神的に安定します。精神的安定が基礎になって、夫婦関係は長続きします。

 ですから、結婚後すぐに子供が生まれるのは望ましいことではありません。夫婦生活に不安が残っていれば、育児に専念することができません。親が精神的に不安定であると、良好な親子関係はつくれませんし、子供自身の心も不安定になります。
子育てママの化粧品


 出産や育児は、生活のほかの面では何の心配もない、という状態で始めたいものです。

 



Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved