子育て応援事典 子どもをもつ親の心構え

Top > 子どもをもつ親の心構え

子ども 親の心構え

子どもをもつ親の心構え

製薬会社が作ったパーフェクトワントライアルセット 1,080円でぷるるん

子どもをもつ親の心構え

 家庭の中心は夫婦関係
 安定した夫婦関係
 家庭を安定させる
 夫婦関係と親子関係
 子どもを育てる

 のぞましくない育児観
 育児ノイローゼ
 子どもの特殊性
 家族の将来計画
 育児は両親の共同事業

育児のための環境づくり


 からだもこころも健康な子どもを生み、よい子に育てたいという願いはすべての親のものです。けれども、ただそう願っているだけではうまくいきません。健康な子を生み、育てていくためにはそれなりの条件があり、努力がいります。

 条件が整った、整備された環境のなかに生まれてくる子どもは望ましい成長をすることができます。しかし、環境をつくることはやさしいことではありません。それは、なかなか到達することのできない理想のようなものと考えてもよいでしょう。

 しかし、とても無理だといって努力をやめてしまってはいけないのです。できるだけ理想に近い環境を用意する努力を続けなければなりません。

● ”子は授かりもの”でしょうか?

 むかしは”子は授かりもの”ということばのように、結婚をすれば、夫婦の意志とは関係なく自然に子どもが生まれてくるものと考えられていました。
かわいいわが子の
無限の可能性のカギ
お母さんが持っているのです!!

無料体験だけはやっておくべきですよ


 子どもを育てる環境の整備は、子どもが生まれてから考えるという人が多かったようです。それでも、たいていのばあいは子どもは大過なく育っています。

 けれども、むかしといまでは家族をめぐる社会のありさまが非常に変りました。しかも、その変り方はかなり早いものになっています。

 たとえば、人口は都市に集中しています。一つの家族あたりの子どもの数がどんどん減りました。隣近所や地域社会と家庭の結びつきも弱まっています。高校や大学への進学は、年ごとに高まっています。

 このような時代に”子は授かりもの”といったのんびりした態度で、子どもが生まれたからといって漫然と育てていたのでは、取り返しのつかないことになりかねません。しかも、現代は計画出産の時代です。

 子どもは、自然に生まれるものではなくなりつつあります。子どもの出生には、夫婦の意志が反映される時代になったのです。いまのところ、男女の産み分けは、親の意志ではどうにもなりませんが、子どもをいつ産むか、なん人産むかは親の意志でコントロールできるわけです。

育児情報を有効に利用


 このことは、育児のための環境を整える余裕ができたということでもあります。よい子を生み、育てる環境条件が満たされたら、あるいは満たされる見通しがついたら子どもを産むことができるのです。

 このような考え方は、自然の摂理に背くもの、神をも恐れぬものという人がいるかもしれません。しかし、計画出産がここまで普及した現代では、子どもを産むだけではなく、子どもを育てる環境の整備も計画的になされるべきでしょう。

 現在は情報化時代といわれています。育児に関する情報を有効に利用しなければ、現代人として失格です。

どんな時にでもキレイを忘れないお母さんの化粧品
マキアレイベルの新商品キャンペーン
これはオススメ!! ハーフ1,980円〜

最適な育脳が
お子さまの未来を決めます


完全母乳を応援!
【ノンカフェインタンポポ茶】


NHK教育「えいごであそぼ」の
幼児英語教材


家庭教師のノーバス

楽天家電約198万品目で
ランキング第1位!「ケノン」








 
 親の責任は子どもを”大過なく守る”ということではなくそのエネルギーを”最大限に発揮させる“ということであろうと思います。ここでは妊娠中から就学前まで子どもの発育のなりゆきを扱っています。この時期の子育てを終えてだいぶ経ちますが、むかしの子育てが現代の子育てに役立てばと思い、むかしの経験のまま記しています。参考になるものがありましたら応用して実践してみてください。

 



Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved