子供 才能の開発

子供の才能の開発:才能とは何か
Top > 才能の開発

子供 才能とは



 才能の開発

● 間違った考え方
● 才能を伸ばす方法
● 才能をさまたげる条件
● 才能教育の考え方

● 興味をうながす
● 赤ちゃんの好奇心
● 幼児期の興味
● やる気を育てる
● “叱る”より“褒める”
● 話を聞いてやる
● 仕事に取り組む態度
● 生きていく態度
● 個性を育てる
● 個性でない個性
● 個性とおけいこごと
● 感受性を育てる
● 集団と個性
● 個性の発見と育て方
● 子どもの創造性
● 目標をやりとげさせる
● 創造的である環境
● 創造的な気風

● 早教育
● なぜ早教育?
● 早教育の根拠
● 早教育を効果的に


 未開発の、自然にそなわった資質

 ある特定の分野で、訓練をすれば優れた能力を発揮するだろうと予想されるとき、この未開発の自然に備わった資質のことを才能といいます。

 たとえば、この子には音楽的才能があるというのは、その子の歌の歌い方やリズムのつかみ方などに普通の子供より優れたものがあって、これをいい方法で訓練すれば、立派な音楽家になるかもしれないと予想される場合です。
 
 社会的に価値のあるものに限る

 また、才能というときには社会的に見て価値のある、好ましいことに関してであって、盗みなどの反社会的な行動に優れた力を示しても、「盗みの才能」があるとは言いません。

 才能は個性をつくるのに大切な働きをする

 一人の子供がどんな才能を持っているかということは、その子供の個性を作っていく上に大切な働きをします。

 人は常に一つのまとまりを持っているものですから、才能も興味、態度、性格などとも分けて考えることができません。

 たとえば、ここに一人の過敏で神経質な子供がいるとします。人と付き合うと疲れてしまい、人に言ってしまった事や言われた事をいろいろと気にします。この子には大勢の人と会ったり、人を動かさなければならないような仕事は適当ではありません。統率の才能というものは、このような性格の子供にはないのです。

 また、反応が早く、いろいろなことに興味があり、考え付いたことをすぐ実行するような子供には、時間をかけて根気よくやるような仕事は向いていません。

 どんな才能を持っているかということは、その子供がどんな性格で、どんな事に興味を持ち、どんな態度で生活しているかということと密接に関係があるのです。

 才能には多くの側面があり、一定の知能が必要

 
子育てママの化粧品

 ふつう才能というと、音楽的才能とか、絵画的才能のように芸術的な面での才能だけが考えられがちですが、才能というのは、決してこのような特殊なものばかりではありません。多くの人の前で退屈させないように話をするのも一つの才能ですし、器用に手先を動かして色々なものを作っていくのも才能です。

 才能にはある程度以上の知能を必要とします。その意味で記憶力、判断力、推理力などは才能の前提条件と言えるでしょう。

 “特殊才能”というものもある

 逆に特殊才能といって、他のことはうまくできないのに、一つの事だけが素晴らしくよくできる子供がいます。精神薄弱でありながら、紙を切って張り付ける絵が巧みで、それで有名になった人などはこれに含まれます。

 普通の人であっても、一つの仕事にだけ特別によく働く才能があるように思われる場合も、たくさんあります。

子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved