世田谷学園から上智合格100人突破

上智大学への入学のポイントとしては英語能力を高めることがひとつ挙げられます。曹洞宗専門学校支校と呼ばれたこともある世田谷学園は、文武両道、部活もさかんな学校です。上智大学は、改革を熱心に勧めており、教育、心理、社会、社会福祉学科(総合人間科学部)を新設しました。プレジデントオンラインに取り上げられた上智大学の入学率の記事です。上智大学への生徒の輩出を多数残している世田谷学園は”夢中人になろう”の校長の言葉を理念として教育を作っています。そんな上智大学に入学生徒を多数輩出しているのは、世田谷学園です。東京都にある世田谷学園は、文禄元年からある歴史ある学校です。記事内では、大学のグローバル化や今年から導入sあれた文科省の「スーパーグローバル大学創世支援」事業について述べられています。一人ひとりがかけがえのない存在、を理念とする世田谷学園。教育にも力をいれており、上智大学への生徒数の輩出を多数行っているようです。上智大学へ100人の生徒を輩出した世田谷学園は、早朝坐禅会という珍しい集まりをほぼ毎週開き交流を図っています。英語でミッション系の大学である上智大学に輩出する世田谷学園の背景が曹洞宗にあることも、何かつながりがあるのかもしれません。世田谷学園が多数の入学生を輩出している上智大は近年改革を熱心に進めていることが知られています。上智大学は複数の学科への出願が可能です。上智大学は今まで行っていなかった全学部統一試験を行うでしょう。付属校を持たない上智大は、福岡の泰星中高と教育提携し、上智福岡に校名を変更すると共に、共学に変更となりました。上智大学は、中高一貫高で無いのにも関わらず、多くの生徒が入学する大学です。現在地方のキリスト教系の中学校、高校は生徒募集に苦戦しており、首都圏に生徒が流れ込んでいる状況にあります。上智大学に入学する生徒が世田谷学園は100人超え!英語に力を入れている上智大学は日本英語検定協会と共同で開発した新しい英語能力検定試験を行う予定です。「明日を見つめて、今をひたすらに」「互いを認め合って、思いやりの心を」をキャッチフレーズとしている世田谷学園、優秀な生徒が年々生まれていっています。様々な改革を行っていくことは、受験者の保護者、家族勃ちにもプラスイメージになっていくことでしょう。上智大学は入試改革を行う予定となっており、新しくTEAP利用方の入試を実施するようです。

関連記事

ページトップへ戻る